白色申告をしよう!あなたの性格に応じた確定申告

個人事業主に欠かせない確定申告

個人事業主となって何らかの事業を行ったら確定申告をして納税を行わなければなりません。勤め人であったときには会社が源泉徴収を行ってくれているので確定申告をしたことのない人も多かったでしょう。しかし、それを自分で正しく行わなければならないのが個人事業主であり、年が明けた頃から気にかけなければならなくなります。そのときに方法が二つあり、白色申告と青色申告から選ぶことが可能です。より手軽なのは白色申告となっています。

ずぼらな人ほど向いている白色申告

白色申告の場合には特に手続きをせずとも確定申告で利用することができます。青色申告の倍には予め申請をしなければならないのでうっかり忘れてしまう人もいるでしょう。青色申告にするとメリットもありますが、複式簿記で帳簿を付けなければならず、ミスをしたときのペナルティーが怖いのも事実です。自分はずぼらだという自覚がある人はあえて青色申告せずに白色申告をしていた方が確定申告について安心できるのがメリットになるでしょう。

青色申告への変更も考慮

白色申告の方が安心感はあるとはいえ、事業をしてきて得られた所得に対してより多くの税金を納めなければならなくなるのが通常です。その点も考慮すると多少面倒だと思っても青色申告への切り替えを考えてみると良いかもしれません。細かな点を利用することができなくても、控除を受けることはできるからです。特に複式簿記ではなく簡易簿記を行っても10万円の控除が得られるため、切り替えてみるのに越したことはないでしょう。

青色申告は聞いたことがある人が多いと思いますが、白色申告はご存知ですか?単独簿記で行うため記帳が簡単なのが最大の特徴です。申告手続きがシンプルかつスムーズに行うことができます。